天皇賞・春における大なる目的、社台の意向という意味では

「果たされた」というミッションも的中を残すことは叶わなかった「天皇賞・春」。


直接的な要因と断言できるだけの段階にはないが、1つの事実をお伝えしておきたい。
舞台となる京都芝外回りコースと言えば、この距離ロスを最小限に抑えた
イン強襲こそが1つのヴィクトリーロードとなっていることはご存知と思うが、
「天皇賞・春」に関して言えばある1つの事象により、出走馬各騎手の「イン強襲」という
選択肢が失われてしまったというのは、レースを見直すまでもなくご存知と思う。

序盤からレースを引っ張りながら、残り800m地点で故障(右前浅屈腱不全断裂)を発症した
ヴォージュ。内ラチ沿いに徐々にポジションを下げながら、最終的に競走を中止した同馬だが、
結果としてレースを止めざるを得ないほどの故障ではなく、
徐々にポジションを下げるという後退の過程において出走各馬が相応の反応を見せたことにより、
3コーナーで一瞬内を突く挙動を見せたユーキャンスマイル鞍上の岩田騎手に
イン強襲の選択肢をなくさせたというこの事象。

また直後に付けていたロードの横山典騎手が故障したヴォージュを交わすために
外に進路をとった影響で、パフォーマプロミス、フィエールマン、グローリーヴェイズが
波を打つように外に膨らんだことで、その後方から追い上げた馬エタリオウは
その外を回されたというレース。
その地点が4コーナー手前の勝負どころであったというのも、
タイミングとしては最悪という地点であったことは言うまでもない。


伸びきれなかったエタリオウ、そしてダイヤモンドSのイン強襲という試走を活かすことなく、
一度立て直して外を回らされたことで勝負に参加することができなかったユーキャンスマイル。
もちろんこれらは、天皇賞・春で起こってしまった1つの事実にしか過ぎず、
これこそが不的中の要因であることを断言できる段階ではない。
潔く受け止めなければならないことは不的中に終わってしまったという事実のみ。
ミルコの前半からのケツというのは想定外もいいところで友道師とすればバカヤローという
競馬でした


この敗戦を決して無駄にすることのないよう、次に繋げる糧としたい。
それにしても縦長に出来ないのなら 道中番手につけた中谷騎手はまくる選択もありの中
坂の下りまで押さえた事で800m走になり瞬発力勝負になり
瞬発力勝負では長けている二頭にお誂え向きの流れになる3200

もはや天皇賞春も有馬記念もスローの瞬発力勝負化になり
瞬発力勝負に特価した社台Gの意のままなG1になるのはつまらないなという印象しか
残らない。

逆に香港のクイーンエリザベス二世C 先行二頭が大きく離れ逃げで
直線の攻防はわくわくドキドキの競馬 ウインブライトが勝てたが
美浦でやりすぎた印象でいたので騎手の好判断 好騎乗が光る1戦

雪辱のリスグラシューは僅差の3着 負けて強しの内容

青葉賞で逃げ切りのリオンリオン セレクトセールでカスばかり掴まされていた
寺田氏 まんまとマイスタイル並みに逃げたことで快勝
ランフォーは前受けしたが多少上がりの掛かる芝で差しきれなく2着

最低限のダービー権利を取得できたことは大きい
この馬は窪田 山本氏の馬であればダービーに出すとださないとは大違い
セレクトセール上客であればこそ

個人的にロードでも大逃げしてくれると考えていただけにがっかりだね
非社台の昆先生だけに 


まあそれしても関西陣営とすれば逆襲の東京G1だろ 桜花賞 天皇賞春と庭で
いいようにやられているし 

青葉賞 ◎ランフォザローゼス2着 ◎△2120円的中
◎エタリオウ4着
1.2.4着不的中

香港 G1
チェアマンズスプリント ◎サンタアナレーン4着
○▲△的中 590円 1600円

クイーンエリザベス二世カップ
◎リスグラシュー3着 ◎▲△1360円的中

───────────
2019年重賞
49戦32勝
───────────
京都金杯 フェアリーS 愛知杯 京成杯 日経新春杯
東海S 愛知杯  根岸S 東京新聞杯 共同通信杯
京都記念 クイーンC的中
ダイヤモンドS 的中 小倉大賞典 フェブラリーS予告的中
中山記念的中 オーシャンS チューリップ賞的中  
金鯱賞 ファルコンS フラワーC 阪神大賞典的中
毎日杯 日経賞 的中 ダービー卿的中
NZT的中 皐月賞 アンタレスS的中
福島牝馬S フローラS マイラーズC的中
青葉賞 的中
香港 G1
チェアマンズスプリント クイーンエリザベス二世カップ的中



FullSizeRender